高槻市 引越し業者

高槻市の引越し業者で安い会社を選ぶ方法

高槻市 引越し業者 比較

高槻市 引越し 業者

高槻市 引越し 安い

高槻市 引越し 相場

高槻市 引越し 価格

高槻市 引越し 料金

 

高槻市の引越し業者で検索すると25件ほどヒットします。
この25件すべてに見積もりを取れば、高槻市内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

理論的にはそうですが、実際は簡単ではありません。
しかし見積もり金額を比較しないで引越し業者を選ぶのは実にもったいない話です。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取りましょう。
そうすれば提示された引越し料金が、安いのか高いのかすぐに判断できます。

 

それに複数の引越し業者の見積もりが分かれば、相場や最安値の業者が簡単にわかります。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

365日・24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。

 

高槻市 引越し業者

 

1度荷物の量や運びたい家財、物件の情報を入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

これであなた自身の引越し料金の相場はもちろん、最安値の引越し業者を簡単に探す事ができます。

 

利用料は無料ですので、ぜひご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業者のオプション

 

高槻市 引越し オプション

 

引越し業者には別料金で行っている有料のオプションサービスがあります。
この「有料オプションサービス」にはどんなものがあるのでしょう?

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

エアコンの移設は手配するのが面倒なので、引越し業者に手配をすべて依頼するのもいいかと思います。

 

バイクや車の陸送も便利です。
長距離運転の場合は高速道路が苦手だったり、事情があって長く運転ができない人もいますから、

 

ほかにもいろいろなサービスがあるのが分かりますね。
まずはどんなサービスが必要なのか検討してみて業者選びのポイントにしてください。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの前に手順を知っておくと無駄な動きが少なくて便利です。
することが多いので、先におおまかな手順を知っておきましょう。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続きをする。

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。
・荷解きと整頓をする。
・新居こ゛近所へ挨拶する。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。

 

これだけ羅列してもすることが多いですね。
引越しが決まったら、管理会社に連絡してください。
修繕の手配や次の入居者を探す手配をしなければならないので、早めに伝えてあげてください。

 

次に引越し業者ですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができないのです。
新居の情報も引越し料金を左右するからです。

 

なので、新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して業者を比較し、最良だと思う業者と契約しておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミは売る・あげる・捨てるなどの方法で処分しておきましょう。
どの方法にしても、処分するのには時間がかかるので、早めに取り掛かってください。

 

市外引越しなら転出届などを役所に提出します。
そのほか役所関係の書類の提出、電気・ガスなどのインフラの停止と当日まので費用の精算方法の確認、郵便物の転送届を提出したら、あとはいよいよ引越し当日を迎えるだけです。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、あなたは家財の配置を指示してあげてくださいね。
ただし貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理しましょう。

 

引越ししたら、できるだけ当日にご近所へ挨拶に行きます。
時間が遅い場合は翌日に行きましょう。

 

転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更しておきましょう。